MENU

診断サービスの内容

建築士であり、住宅性能評価も行う「不動産のプロ」が、住まいの隅々までチェックします。

サービス 内容 費用(税抜)
新築住宅
(新築戸建)
標準サービス
土地・建物について診断します
87,000円~
既存住宅
(中古戸建)
標準サービス
土地・建物について診断します
87,000円~
土地
(宅地)
標準サービス
宅地部分のみ診断します
30,000円~
環境(エコ)診断 ホルムアルデヒドや高周波など、
目に見えない周辺環境を診断します
30,000円~

お伝えしたいこと

作業風景「住宅検査(住宅インスペクション)をすれば、瑕疵がない住宅を購入できる」と思っていませんか。 住宅検査(住宅インスペクション)は、あくまで「住宅の現状を検査により、あらかじめ把握すること」であり、「事前に不具合を知ること」です。ですから、例え住宅インスペクションで不具合が発見されても、その場で修繕などは行いません。
「ここに不具合や劣化がある」ことを納得した上で、契約交渉を行ったり、後々の修繕などの対策をたてたりといったことに役立つものです。
なお、国土交通省が、既存住宅状況調査方法基準を定めたことにより、不動産業者は、中古住宅の売買に際して調査を希望するかしないかを確認することになりました。この「既存住宅状況調査方法基準」では、調査部分があらかじめ決まっています。「最低限、ここは調査して下さい」といったもので、調査会社によっては「最低限の調査(でも基準は満たしている)」で終わる可能性もありますので、それぞれの業者の調査項目はあらかじめ聞いておいた方が良いでしょう。
不具合実例でも分かるように、「新築であれば不具合はない」ということはありません。これから購入する建物がどういったものであるのか、しっかり調査して把握することが大切です。
 
詳しく見る
 
不具合事例
 

弊社が選ばれる理由

●総合性
弊社の住宅インスペクションは、多くのインスペクション業者が実施している「建物診断」だけではありません。
 『不動産=建物のみではない』
この事実をご理解されたならば、「住んでから気づいた」と後悔することのないように、建物以外の要因も事前に確認しておきましょう。これが、弊社が実施している「不動産診断」が喜ばれている最大の理由です。不動産診断は、弊社ならではの独自サービスを含みますので、ぜひ詳細をご確認下さい。

●専門性
普段より住宅性能評価業務を行っている建築士であり、不動産鑑定士の資格も持っている「不動産のプロ」が不動産診断を行います。豊富な知識と経験に裏付けされた不動産診断だからこそ、皆様の幅広い需要を満足させることができ、大変喜ばれています。
保有資格(認定資格含む)
・不動産鑑定士
二級建築士
・宅地建物取引士
・住宅性能評価員

・不動産診断士 / 一般社団法人不動産コンシェルジュ協会
・既存住宅現況検査技術者 / 一般社団法人瑕疵担保責任保険協会
・住宅インスペクター / 一般社団法人住宅長期支援センター
・住宅メンテナンス診断士 / 同上
・外壁診断士 / 一般社団法人全国住宅外壁診断士協会
・赤外線建物診断技能師 / 財団法人職業技能振興会
・電磁波調査士 /住環境測定協会
・室内空気測定士 / 同上

・被災建築物応急危険度判定士 / 埼玉県
・被災宅地危険度判定士 / 埼玉県
 
弊社の診断士は、一般社団法人住宅長期支援センターに所属し、「住宅インスペクター」及び「住宅メンテナンス診断士」の資格を保持しています。
住宅長期支援センター
 
 
 
●客観性
弊社では多くの機器を使用しています。それは、より「正確さを求める」ためです。
人の判断はときに誤ります。それが「たまたま」あなたからのご依頼時に発生するとも限りません。そのような悲劇を生み出さないために、弊社では可能な限り機器を使用して、明確な数値に基づいた診断を行っています。
また、高度(高価)な機器だから「見える」場合もあります。『写真はウソをつかない』という言葉があるように、目視では判断できないことも、高度な機器を使用して客観的に確認することで、より高度な住宅インスペクションを実現できていることが皆様に大変喜ばれています。

使用する機器についてはこちらから