中古一戸建て住宅における標準サービス

診断する項目について

中古住宅いわゆる既存住宅について、建物・土地の以下の項目を診断します。

区分 要因 診断内容
土地 資産価値判定上の問題点 土地の形状、接道状況、環境悪化施設の有無、地勢
トラブルの元 境界杭の埋設状況、越境物の有無、隣接地の利用状況、用途地域、日影規制
リスク 敷地の高低差、擁壁及び塀の状況、土地変遷(過去の状況)、活断層の有無、その他の危険性
建物 劣化・欠陥 屋根の状態、外壁の状態、基礎の状態、外部設備等の状況、室内設備の状況、扉・窓の状態、内壁の状態、床の状態(傾きなど)、雨漏りの有無、天井裏・床下の状態(点検口より目視できる範囲)
リスク 防犯性、耐震上の安全性、利用上の安全性
トラブルの元 高齢者対応(バリアフリー)

 

費用について

87,000円(税抜)

  • 土地面積が300㎡以内で、建物の延床面積100㎡以内、地階含め3階までのもの
    (上記以外は別途お見積りとなります)
  • 床下・天井裏の診断項目では、点検口から目視できる範囲に限ります。床下・天井裏へ潜っての点検はオプションサービス(別途費用)となります。費用はお問い合わせ下さい
  • 環境(エコ)診断の診断項目(ホルムアルデヒド、TVOC、放射線、電磁波、水質、騒音、結露)をオプションとして、1つから付けることができます。(別途費用)

 

サービスの特徴

・中古特有の劣化部分はもちろん、それ以外の要因についても診断します。
・建物だけでなく土地の部分にも診断が入ります。
・建築士だけでなく不動産鑑定士の視点からも診断します。

 

診断に必要な書類

■必須書類

・物件の案内図

 

■それ以外の書類

以下の書類は、「全ての資料がないと診断できない」というものではありません。しかし、資料は揃っているほど診断の確度が高まります。したがいまして、無理のない範囲で不動産屋さん等にご協力頂き、資料を揃えるよう努力していただきますようお願い致します。
なお、法務局備付資料については弊社で代理取得が可能です(別途費用)。お申し込みの際に代理取得して欲しい資料をお伝え下さい。

法務局備付資料 □ 公図もしくは法14 条地図
□ 地積測量図
□ 建物図面・各階平面図
□ 土地登記簿
□ 建物登記簿
設計図書関係 □ 建物配置図・外構図
□ 敷地求積図
□ 平面図
□ 立面図
□ 断面図
□ 矩計図(かなばかりず)
□ 設備図
□ 仕上げ表
建築確認関係 □ 建築確認申請書
□ 検査済証
住宅性能評価関係
(性能評価を実施している場合)
□ 設計住宅性能評価
□ 建設住宅性能評価
□ 既存住宅性能評価
その他 □ 地盤調査報告書(地盤調査を実施している場合)
□ 地盤改良報告書(地盤改良を実施している場合)
□ 実測図(確定測量図・現況測量図・求積図等の名称の場合も有り)
□ 販売用チラシ

 

→お見積り・お申し込みはこちらから

→ご依頼の流れについてはこちらから

 

トップページに戻る

診断メニュー